ガン保険で節税出来るの?



退職金に関するトラブル
近年、中小企業では経営者の高齢化が進む中、事業承継が問題となっているそうです。
大企業の経営者の平均年齢が横ばいなのに対して
中小企業の経営者の平均年齢は年々高まる傾向にあるそうです。

中小企業の多くは息子や娘などの身内が後継者となるケースが多いのですが、
最近はそうした身内が事業を引き継ぎたがらないこともあるようです。

長引く不況により先行が不安だということも理由の一つにあるそうですが、
深刻な問題となっているようです。

また、引退を考える経営者にとって後継者問題とは別に、
役員の退職金についても大きな問題となります。


退職金というのは、企業を支えるために一生懸命働いてくれていた人に支払うお金ですから
当然、確実に用意できていなければならないものです。

ですが実際のところ、退職金に関するトラブルというのは非常に多く発生しているのだといいます。

たとえば「預金で準備していたがためにうっかり事業資金に流用してしまった」とか
「たまたま退職期に会社の経営状況が悪くてどうしても役員退職金規定に比べて
大幅に減額せざるを得なかった」とか…。

一応きっちり支払うことができたという場合にも
「退職金支給時に一度多大な経費が発生して決算内容に悪影響を与えてしまった」とか
「借入金で退職金を支払ったために後継者が返済に苦労している」とかいったように
会社側にもなんらかの問題が発生する例もいくつかあるようですね。

退職金に関するトラブルは少なくないようです。
となるとこの退職金のトラブルに対する対策を考えなければなりませんよね。


そこで登場するのが保険なのです。


contents
将来のための保障
会社にかかる税金
退職金に関するトラブル
保険で節税!
どの保険でも良い訳じゃない
選ぶべき保険
2012年税制改正
役員退職金対策も保険で


Copyright(C) ガン保険で節税出来るの? All rights reserved.