ガン保険で節税出来るの?



将来のための保障
自分や家族の将来設計や老後の具体的なプランを考えて準備をしていますか。
人生設計において万一に備えて経済的な準備をしておくことは重要です。

経済的な準備としては保険を利用する方法が一般的ではないでしょうか。
特に医療保障・死亡保障・老後保障は
最も力を入れたい保障として重要視されています。

医療保障としては健康保険や国民健康保険などの公的医療保険への加入がありますが、
病気やけがで長期にわたる入院や通院が必要となった場合の不安は残ります。

健康保険では傷病で働けない場合の傷病手当がありますが、
国民健康保険には病気やけがで休業中の保障がほぼありません。

そして死亡した場合には健康保険は定額5万円、
国民健康保険では1〜5万円程度の埋葬費が支給されるだけです。
遺族年金保障などもありますが、万一に備えるなら
死亡保障のある生命保険などへの加入が必要かもしれません。

また、万一に備えるという観点からすると、これは個人だけの話ではありません。
会社の場合でも、十分に当てはまる話です。



会社の運営で重要なのはもちろん利益をどれだけ上げられるか、というところですが、
多くの利益を得られても、その利益には必ず税金がかかってきます。

主な税金に法人税がありますが、これは
所得(売上−必要経費)にかかってくる税金です。
所得×30%なのでつまり…売上がどれだけあったとしても、
必要経費額が小さければ税金もその分かかってきます。


税金以外にも、会社を運営するに当たって出てくる問題の1つに『退職金』がありますよね。
大体の会社には退職金制度が存在することでしょう。
退職金は、一気に膨大なお金が動くことになるので
そのための蓄えが会社になければかなり厳しいことになります。


税金と、退職金と。
それらの対策として保険を利用する手段について書いて行きます。


contents
将来のための保障
会社にかかる税金
退職金に関するトラブル
保険で節税!
どの保険でも良い訳じゃない
選ぶべき保険
2012年税制改正
役員退職金対策も保険で


Copyright(C) ガン保険で節税出来るの? All rights reserved.