ガン保険で節税出来るの?



保険で節税!
会社にかかる税金である法人税は、所得×30%であると書きました。
所得は売上金額−必要経費なので、必要経費の金額が上がれば
収める税額も少なくなりますよね。

ですが必要経費の金額が上がるということは、
当然のことながら収入が減るので、ただ単に経費額を増やすのは本末転倒です。

そこで利用するのが、『保険』です。
保険に契約すると、その保険料を必要経費として含めることができます。


また、退職金についてもこの保険で対策ができます。

ほとんどの企業において、役員退職金は非常に大きな額になることでしょう。
そのため、運転資金や経営状態によっては退職金が支払われないケースもあります。
そんな不安やデメリットを払拭しつつ退職金を支払うためには
事前の準備が大切になってきます。

一番の方法は、業績良好の間に解約返戻金がある保険、
保険料を損金算入できる保険に加入することです。
なぜなら、その分を退職金の積み立てとして充てることが出来るためです。

さらに、退職金支払い時に保険を解約すると
雑収入として益金算入されたお金と損金算入されたお金が相殺され、税負担も軽減されます。


このように、節税の面でも、退職金の面でも使えるのが保険なんですね。
一石二鳥、一石三鳥にもなります。


ちなみに余談ですが、退職金には『役員退職金』と『従業員退職金』があります。

役員の退職金と従業員退職金との違いは顕著で、規定によって
支給されるのが従業員退職金の特徴なんです。

一方で役員の退職金は商法に基づいて定款に定めるか、
株主総会の決議によってしか支給されることがないんです。



結論として、保険で節税は…できる! ということです。
少しでも得に、少しでも多く利益を確保したいものです。


contents
将来のための保障
会社にかかる税金
退職金に関するトラブル
保険で節税!
どの保険でも良い訳じゃない
選ぶべき保険
2012年税制改正
役員退職金対策も保険で


Copyright(C) ガン保険で節税出来るの? All rights reserved.